医療機関広報サポート

トップページ医療機関広報サポート医療機関広報フォーラム > 第10回医療機関広報フォーラム

第10回医療機関広報フォーラム

病院のイメージアップにつながる「広報誌」「ウェブサイト」づくりを学ぶ!

広報誌やウェブサイトは、自分たちの経営理念や提供する医療の内容など、医療機関からのさまざまな情報を発信するための主要な広報メディアです。これらのメディアには、単に情報を伝えるだけでなく、コンテンツやデザインの工夫によって、医療機関に対する好感度や信頼感を高めるなど、イメージアップにつながる効果もあります。

日本広報協会では、「“広報力”が患者や地域との信頼を築く“経営力”に」をテーマに、2002年から医療機関の広報に携わる皆様を対象とした、「医療機関広報フォーラム」を開催しています。

第10回となる今回のフォーラムでは、数多くの病院の中から、「この病院がいいな」と思ってもらうには、どのようなウェブサイト、広報誌づくりをすれば良いのか、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの活用方法など、それぞれの分野のプロから、そのヒントを学びます。

 

開催概要

日時 2014年2月4日(火) 13:00~17:00
会場 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 102号室
(東京都渋谷区代々木神園町3番1号 電話03-6407-7701)
対象 医療専門職・事務職・看護職など、職種を問わず広報に関心のある 医療従事者
定員 100人
主催 公益社団法人日本広報協会
後援 (申請中)厚生労働省、日本医師会、日本病院会、 日本医療法人協会、全国自治体病院協議会、 日本精神科病院協会、全日本病院協会、 日本看護協会、日本精神科看護技術協会
参加費 8,000円(税込み) ※日本広報協会会員は5,000円(税込み)
振込先 参加証をお受け取りになりましたら、開催日の1週間前(1月28日)までに、下記の口座に参加費をお振り込みください。
<振込先>
銀行名  三井住友銀行 東京公務部 普通預金 口座番号 898288
口座名義 公益社団法人 日本広報協会 特別口 シャ) ニホンコウホウキョウカイ トクベツグチ

 

申し込み方法

末尾の申し込み用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAX(03-5367-1706)でお申し込みください。

メールでお申し込みの際は、件名を「医療機関広報フォーラム申し込み」として、本文に(1)機関名(病院名)(2)住所(勤務先または自宅)(3)電話番号(4)FAX番号(5)参加者のお名前・所属を記載し、下記メールアドレスまでお送りください。

メールアドレス:consulting@koho.or.jp

 

【個人情報の取扱について】
  • ここで収集する個人情報(お名前、住所、電話番号、FAX番号、メールアドレス)については、当フォーラムの受け付け業務、次回フォーラムのご案内などに限って利用し、法令に基づく開示請求があった場合、ご本人の同意があった場合、その他特別の理由のある場合を除き、第三者に提供いたしません。
  • 今回収集させていただく個人情報に関して、ご本人は開示するよう請求することができます。また、万一、登録内容が不正確または誤りであることが判明した場合には、速やかに訂正・削除に応じます。
  • 当協会が当該情報を利用、提供している場合であっても、ご本人から中止の申し出があった場合は、それ以降、当協会での利用、他社への提供を中止する措置をとります。
  • 個人情報の開示、訂正、削除、利用・提供の中止の手続き方法、その他個人情報に関するお問い合わせ・ご相談に関しては、下記までご連絡ください。

<個人情報に関するお問い合わせ・ご相談窓口>

公益社団法人日本広報協会 情報管理推進委員会(電話:03-5367-1701)

 

プログラム

13:05~13:55 講義1 どう改善したらいいの?これからの病院サイト
【Part1】 「この病院がいい!」と思ってもらえるサイトづくり(仮)

白旗 保則  グローバルデザイン株式会社/日本広報協会広報アドバイザー

・障害者や高齢者も、みんなに使いやすい病院サイトとは?
・サイトを見にきた方々に、「ここで受診しよう」と思ってもらうには?
・看護師、医師など医療スタッフの確保につなげるには?
・スマートフォン、タブレットにも対応すべき?
14:05~14:55 講義1 どう改善したらいいの?これからの病院サイト
【Part2】 Facebookなどのソーシャルメディアの活用法(仮)

小野寺 翼  株式会社 メンバーズ

・ウェブサイトとの役割分担は?
・何を目的に、どんな情報を発信すればいいか?
・参考にしたいソーシャルメディア活用事例
15:05~17:00 講義2 病院のファンをつくる! 読んでもらえる広報誌(仮)
吉村 潔  エディター/日本広報協会広報アドバイザー

・広報誌を創刊またはリニューアルする前に考えるべき企画のポイントは?
・好感・親近感・信頼感をもってもらえる広報誌にするには?
・参考にしたい広報誌例
・広報誌クリニック
※本講義の中で、参加医療機関の広報誌のクリニックを行います。クリニックをご希望の方は、事務局宛に広報誌を事前にお送りください。ただし、カリキュラムの都合上、お送りいただいた広報誌をすべてクリニックできない場合があります。ご了承ください。

情報・意見交換の一つとして、皆様の医療機関の広報誌等を、ぜひお持ちください。会場で閲覧できるように展示いたします。

 

 

Adobe Readerのダウンロード

PDF (Portable Document Format) ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader(旧:Acrobat Reader)等のアプリケーションが必要になります。
最新のAdobe Readerプログラムを入手する

 

お問い合わせ・お申し込みは下記まで

  • 社団法人日本広報協会 調査・企画部 「医療広報チーム」

 

ページトップへ